sikkens

  • トップ
  • シッケンズの木材保護塗料
  • 製品一覧

注意事項

  • 屋外用
  • 屋内用

03-5563-8267 資料・サンプル請求

施工事例

  • 関船団地 外観 5年経過
  • 関船団地 外観② 5年経過
  • 関船団地 軒下玄関周辺 5年経過
  • 赤井団地
  • 赤井団地②
関船団地 外観 5年経過
関船団地 外観 5年経過
関船団地 外観② 5年経過
関船団地 外観② 5年経過
関船団地 軒下玄関周辺 5年経過
関船団地 軒下玄関周辺 5年経過
赤井団地
赤井団地
赤井団地②
赤井団地②

WoodALC物件 経過状況(災害復興住宅等)

塗料仕様 福島県の災害復興住宅では、WoodALC(スギ等の厚板集成板)を採用しており、塗装は
殆どがシッケンズを採用頂いております。写真の黄色っぽい感じその中でいわき市にある、常磐関船団地という物件で、塗装から5年程度経過しています。


もう一つは赤井団地という災害復興公営団地の事例で、こちらはチーク色を使っていただききました。5年経過しており、西面壁は塗装の脱落が進行しています。メンテナンス時期は概ねですが現状くらいの段階で1回上塗りをしておけばその後もかなり持つと思われます。
色や立地環境によっても耐候性は大きく異なります。


木目の硬い部分は塗料の染み込みが浅く、経年で塗装が多少脱落しやすいです。
シッケンズは木目を生かした仕上がりが基本であり、メンテナンスも半透明製品です。
※メンテナンスはセトールHLSeでもセトールFlter7プラスでもお好みで選べます。
備  考

福島県の災害復興公営住宅の外壁に以前WoodALCが採択され、シッケンズ塗装を行いました。



5年経過した状態ですが色は保てており、そろそろメンテナンスで上塗りをした方が良さそうです。



常磐関船団地 セトールHLSe ナチュラル    赤井団地 セトールHLSe チーク



※劣化の進行は立地条件などの違いによって異なってまいります。



他社に比べて耐候性が高く、価格も安定している点でご評価頂いております。



物性面で良い効果のある油性商品に拘り、半造膜で木目を生かした半透明仕上げはシッケンズのみです。



 


ユーザー様のコメント:

シッケンズの半造膜タイプは、オイルステイン系よりも耐候性が高く、木材の干割れなども抑制する効果がありました。