sikkens

  • トップ
  • シッケンズの木材保護塗料
  • 施工事例

注意事項

  • 屋外用
  • 屋内用

03-5563-8267 資料・サンプル請求

厚めの塗膜で抜群の耐久性!木目を生かす半透明タイプ。傷んだ木部の改修塗装にも最適!

セトールFilter7プラス

木材保護塗料塗り(WP)規格適合
日本建築学会「建築工事標準仕様書」 国土交通省「公共建築工事標準仕様書(改修・木造含む)」

セトールFilter7プラス

Cetol Filter7 Plus

セトールFilter7プラス

特長

外壁をはじめ、破風、ドア、窓枠などの塗装やメンテナンスにも最適な上塗り用塗料です。厚めの塗膜を形成し、高い耐久性を発揮します。紫外線抵抗性・溌水性にも優れ、木材の反り、割れを抑えます。中間光沢の仕上がりは高級感があります。

カラーバリエーション

006 ライトオーク
006 ライトオーク
009 ダークオーク
009 ダークオーク
010 ウォールナット
010 ウォールナット
077 ナチュラル
077 ナチュラル
085 チーク
085 チーク
000 クリアー(新色)
000 クリアー(新色)
020 エボニー(新色)
020 エボニー(新色)
045 マホガニー(新色)
045 マホガニー(新色)

スペック

用途 屋外木部:壁、破風、軒天、ドア、窓枠、ポーチ柱、フェンスなど
特長 ・厚めの塗膜を形成
・抜群の紫外線抵抗性、撥水性
・木部の改修塗装にも最適
・木材保護塗料塗り(WP)規格適合
・木目を生かした半透明で高級な中間光沢仕上げ
その他 デッキ床面などの耐摩耗性が必要な個所には使用しないでください。
新規塗装の下塗りはセトールHLSeを使用します。
塗装用具 刷毛 用具の洗浄 塗料用シンナー
乾燥時間(塗装間隔) 16時間以上 比重 0.93
塗装回数 2~3回 標準塗布面積 約16㎡/ℓ/1回塗り
色数 8色 缶容量 1ℓ(新色除く)、4ℓ、16ℓ
注意事項

・優れた耐候性を発揮させるために合計3回塗りをお薦めします。

・色調や仕上がり感は樹種、塗装回数などにより異なります。

※その他詳細は屋外用注意事項、塗装仕様のPDFをご確認ください。

※再塗装に関しましてはメンテナンスのPDFをご参照ください。

 またメンテナンスイメージについてはコチラのパンフレットもご参照ください。

【セトールFilter7プラスの安全データシート(SDS)】

【屋外用製品の仕上がり見本】

セトールFilter7プラスのFAQ

Q1
どういった部分にお薦めの製品なの?
A1
セトールFilter7プラスは耐久性に優れた厚めの塗膜を形成します。中間光沢で上品な仕上がり感が特長です。耐摩耗性は低いためウッドデッキ面などの摩耗には不向きです。破風など耐久性を重視される箇所にお薦めです。傷んだ表面でも塗膜形成力があり木目を生かす半透明でありながら均一感、木質感、高級感を出しやすい塗料として改修塗装向けにも大変有効です。
Q2
下塗りのセトールHLSeは必ず必要ですか?
A2
セトールFilter7プラスの付着性を発揮させるため、浸透性の高いセトールHLSeの下塗りをお薦めします。また、セトールHLSeには防腐防カビ剤が配合されていますので下塗り剤として効果的です。再塗装の場合は、上塗り(セトールFilter7プラス)からの工程が可能です(標準2回塗り)。
Q3
メンテナンスに最適な理由とは?
A3
上塗りに適していますので、セトールFilter7プラスのメンテナンスだけでなく、セトールHLSe、セトールノバテックのメンテナンス(上塗り)としてもご利用頂けます。塗膜になる成分が多く、塗装が脱落して素材が荒れている(吸い込みが強い)場合などでも、塗膜残存部分との差を近づける効果もあります。

ポイント

● 刷毛・塗装方法

塗料をよく攪拌し、刷毛で木目に沿って薄く伸ばすように塗装してください。原則は無希釈ですが、やむを得ず希釈する場合は塗料用シンナーまたはペイント薄め液(5%以内)で希釈してください。刷毛は腰のあるものをお薦めします。

● 色を薄めに仕上げたり濃くしないメンテナンスに

下塗りにセトールHLSe 000 クリアーを使用することで、上塗りのセトールFilter7プラスの発色を抑える効果があります。またセトールFilter7プラスの新色のクリアーは、メンテナンスの際に色を濃くしたくないなどのご要望にも向いていますのでお試しください。セトールHLSeのほかセトールノバテックやセトールTGLのメンテナンスとしても使用できます。